記事一覧

8月11日 そこまでじゃない♪

ファイル 2216-1.jpgファイル 2216-2.jpgファイル 2216-3.jpgファイル 2216-4.jpgファイル 2216-5.jpg

8月11日

最低水温  湾内 -℃
      外海 19.0℃
        
気温     29℃
透明度   湾内  -m
      外海   5~12m

今日の天気。

晴天!
もうどうしようもないぐらいの青空。
曇り。
薄曇りでまだそうでもない。
雨。
ちょうど僕らが2本目上がるときポツポツ降ってきて
風が一気に強まり外海ダメかもなーとなる。
晴天!
あれ晴れ上がったよ!(*'▽')しかも風もおさまったよ!
ショップさん外海大丈夫だよ!
豪雨。
よく言われるバケツをひっくり返したような豪雨・・・
みんな器材の片づけに困る。
雷までなる始末。

そして今、めっちゃキレイに西日が差している。
もはや予測不能で雨雲レーダーも凄い勢いで予報を変えるもんだから困っちゃいます。

はい!けんろーです!
豪雨にはみんな笑っちゃうしかなかったよね~!
そんな中で限定水域ダイブを終えてきた個人ゲストの3名には
帰り間際のベテランショップゲストさんも
『これは良いダイバーになるよー!』と言わざるおえない!笑
最初からこれならもう楽しいことしか残ってないもん(^^♪

さてさてー!
今日のゲストは先ほどの3名、WちゃんとAちゃん、Rくんのご夫婦を
太田担当で、学科から限定までやってきました。
けんろーは先週もご来店頂いたTさんがすぐにまた来てくれたので
沖の浮島根、沖ノ島で遊んできました(*'▽')

気になっていたのは水温です。
Tさんはブログもしっかりとチェック頂き、バッチリとフードベストも装備で来てくれていました♪
予めブリーフィングでも伝えていましたが、心の準備ってやっぱり大事ですからね!笑

そこで今日の浮島根は・・・
いや、そこまでじゃない!笑
確かに冷たいは冷たいのですが最低水温で19℃!
冷たいエリアが大きいのですが、昨日に比べたら格段にいいですよ!

深場のエリアに長く居てもそこまで寒さを感じないのは
慣れたのじゃなくて水温が少し上がってくれたからですね♪

2本目の沖ノ島は8月再オープンしてからチャンスが無くて行けませんでしたが、こちらもやっと。
水温はあまり浮島根と変わりないですが
透明度は若干こっちのほうが落ちている気がします。

今日は概ねワイドで行きましたので
キンギョハナダイ、イサキがメイン。
沖ノ島のラストにはイワシにカンパチでかなり激しい感じが見れました!!

あと気になるのは昨日からの台風情報。

こちらも予報がハッキリせず判断が難しいです。
今朝まではもう台風になっているはずでしたし、13日には千葉沖に抜けている予報でした。
今見てみるとまだ熱低で、13日の15時でまだ伊豆近辺をうろうろ
って感じです💦
今のところは13日は厳しそうな感じですが
まだコロコロ変わりそうですね( ;∀;)
状況は当日判断になってきそうですが、明日はまだ大丈夫かと思いますが、朝の状況でご連絡を頂ければと思います。

皆さんご来店ありがとうございました!!


8月10日 冷たいの暑いの。

ファイル 2215-1.jpgファイル 2215-2.jpgファイル 2215-3.jpgファイル 2215-4.jpgファイル 2215-5.jpg

8月10日

最低水温  湾内 -℃
      外海 17.1℃
        
気温     32℃
透明度   湾内  -m
      外海   5~12m


これはもう驚きと表現するより他ならない。
このところ水温が上昇傾向、悪くても現状維持。
暖かいエリアも増えてきたので、下の方だけ少し耐えれば
あとは気持ちよい~♪
って感じだったのですが・・・

今日沖の浮島根へエントリーしてビックリΣ(・ω・ノ)ノ!
根頭に向かう潜降ロープでいきなり冷たい水がウェットスーツに入ってきた!
いやー、水面はぬるま湯だから冷たく感じたんだろうなと
高を括っていたのだが、根頭についた時にそれは
勘違いだったことに気が付く。

すでに水底のような冷たさ(;・∀・)
まだ信じ切ってはいない自分は潮が混じって冷たい所もあるんだろうと進んでいく。
ええ、ええ。
そんな淡い期待は打ち砕かれました💦

はい!けんろーです!
昨日の温かい中層はどこへ行ってしまったのか。
自然なのでそんな事もあるけど、よくスタッフ山口さんと
『去年のお盆冷たかったよね~!今年はそうならないといいなー~!』って話していたけどなんか現実味を帯びてきましたよぅ。

皆さん、ぜひフードベストなどお持ちの方はご持参くださいね!
陸上は超がつくほど暑いですが、使わなけばそれはそれでよしぐらいに思って(*'▽')
フードベストない方はレンタルもありますが、数やサイズに限りがありますので。

さてそんな今日ですが、ゲストは初シーランドのHさんに去年も来てくれたOさん、Sさん。
2本潜り終えるまで風が持ったので、沖の浮島根と田子島へ行ってきました。

沖の浮島根はボトム付近は妻たい潮ならキレイっていう定説通りで
クリアな潮です。
クダゴンベとサンゴに群れるキンギョハナダイにちょびっとサクラダイなどを眺める。
するといつも行かない当たりに何故かウミウチワに固まるコガネスズメダイの成魚たちという光景。
珍しいので撮ってしまいました♪

中層に戻ってくるとかなり濃い濁りのエリアにイサキ、スズメダイ、メジナなどが混在。
良い群れのように見えますが全貌が見えません。

浅場はやはりヒレナガカンパチが楽しいのですが、今日はすぐにどこかへ行ってしまうシャイっぷり。
ご機嫌伺わないといけないようです(;・∀・)

2本目は田子島。
皆さん1本目でわかっているので2本目は心の準備はOKです。
若干浮島根よりは温かいエリアが広く感じた田子島。
いや、確実に広かった。

神の岩でボブサン、ミゾレ、ニシキ、コールマンなどを愛でて
早めに中層まで、かわいいサイズのトビエイに会ったりヒゲダイも高確率。あ、浮島根でも見ましたね♪

今日は当たらないかなーと思ったムツも終盤でゲット!
浅場はキビナゴでお腹いっぱいです💛
エキジット間際にはクラゲとは思えない速度で泳ぐスナイロクラゲ?ビゼンクラゲ?らしきクラゲを発見。
ポンポン動く系のクラゲですが早いのなんの!w
キレイなんでゆっくり撮りたかったし、なんか小魚を引き連れているのでじっくり見たいのにはやいんだよーー!
みんな撮影に集中してクラゲと一緒に浮上していくし!笑

この辺では見かけないので潮が来ている証拠なんですけど。
水温だけはほんと早く上げてください(^^♪

皆さん、ありがとうございました!
またよろしくお願いいたします。


8月9日 リフレッシュ終了!

ファイル 2214-1.jpgファイル 2214-2.jpgファイル 2214-3.jpgファイル 2214-4.jpgファイル 2214-5.jpg

8月9日

最低水温  湾内 19.3℃
      外海 18.1℃
        
気温     31℃
透明度   湾内  5~12m
      外海   8~15m


今日も平和な一日。

穏やかで暑すぎず、ちょうど良い陽気で
ギリギリまで待ってくれた南西風のおかげで
外海に1本行くことが出来ました。

世界に目を向ければいろいろきな臭い出来事も多いのですが
幸いなことに日本がいまそういう状況下に置かれていないことには
感謝しなければなりませんね。

はい!けんろーです!
世界の情勢ってのは複雑で、特別な知識も持ち合わせない
自分には戦争、紛争、内線などの理由も事情もわかりません。

なのでせめて史実を知ってみようと思い1冊本をポチりました。
繁忙期でなかなか読む機会が無いのですが、時間があるときに
読んでみようと思います♪

さてさて!
本日もMちゃんとAちゃんお二人と潜ってきました。
リフレッシュで来ているお二人なのですが、昨日で随分と間隔を取り戻してもらえたようで良かったです。

今日は南西風が吹いてくる前に1本田子島へ出ることが出来ました。

目指すは毎回になりますがやはり神の岩ですね!笑
今日はどうなっているのかワクワクしながら進みます。
まずいつも移動が激しく居なくなりそうで怖い沖縄バージョンの
ボブサンウミウシを発見。
ほんと凄い動いているなー。
一方、南国バージョンででっかいオトヒメウミウシ2個体は全然動かなかったのに2個体とも行方不明・・・Σ(゚д゚lll)ガーン
コールマンウミウシは無事にゲット。
そして狙っていた先日ゲストさんが発見してくれたミゾレウミウシはというと・・・
いたーーーー💛
ほぼ移動していない感じでめちゃくちゃ撮りづらい場所ですが
何とか撮影してきました!笑
うーんやはり神の岩のパワーすごっ!
近隣のセナキルリスズメダイのペアも健在、あまり警戒されないのが良いですね♪

ちょっと寂しいのが中間ぐらいまでの間の戻り道。
ムツやマアジがガン群れのときは良いのですが当たらなかったときのマクロが寂しいですね~。
もう少しルートを絞って探していこうかと思います。

浅場はキビナゴが爆群でヤバし!
二人が隠れちゃうほどの数です。
数匹カンパチが見えましたがこっちには寄ってこず。
まあ昨日たくさん見てますから良いでしょう♪

最後は早くも遅くもない丁度いい流れに乗ってドリフトしつつ
安全停止(*'▽')

2本目は風がそよそよしてきたので無理はせずに
弁天島で甲殻類。
今日もハクセンアカホシカクレエビファミリー、アヤトリカクレエビのペア、オドリカクレエビ。
そして美しい婚姻色のアカオビハナダイなどと見てきました。
フォト派の方には粘って欲しい子ですね💛

浅場で出会ったのがミヤケテグリの雌成魚?
見つけた瞬間大きいネズッポ系の子だー!珍しいな!
田子ではほんと見ないです。
自分の探し方がアレなのかもしれませんが💦
うーん、確か背鰭黒いのはミヤケテグリ?じゃなかった?って思いながら『なんちゃらテグリ』と紹介!笑
でもそれにしても地味ですよね。
もっと体色が赤いんだと思ってましたが、個体差なんでしょうか。


お二人、2日間ありがとうございました。
しっかりとリフレッシュできたおふたり。
Aちゃんには講習の予約を頂きましたので来月また楽しみましょうね~!


8月8日 沖の浮島根の勢い止まらず。

ファイル 2213-1.jpgファイル 2213-2.jpgファイル 2213-3.jpgファイル 2213-4.jpgファイル 2213-5.jpg

8月8日

最低水温  湾内 21.7℃
      外海 20.4℃
        
気温     31℃
透明度   湾内  5~12m
      外海   8~15m

いやー、今日の仕事終わりのちょっと前からずーっとモヤッとしてたんですよ!
それは今日のゲストのIさんとIさんのダブルIさんで解りづらっなので下の名前でⅯさん、Aさんでいきますが!笑

このお二人が帰るときに仕事についての会話のときに
『この世は舞台なり、誰もがそこでは一役演じなければならない』という私の無人島に持っていけるとしたらで上位にランクインするであろうマンガ『からくりサーカス』での重要キャラ、ギイ・クリストフ・レッシュの台詞。
シェイクスピアの『この世は舞台、みな役者』の名言を借りた一言これを二人に言ったんですよ。
またまたわかりづらいですね(*'▽')
引用の引用ですから。

その後、このシェイクスピアが全然出て来なくて(*'ω'*)
これをネットで調べちゃったら記憶力の低下に繋がると勝手に思い込んで後の仕事をしながらずっと考えてやっとシェイクスピアが出てきてスッキリ!笑

はい!けんろーです!
記憶には少し自信があったのですが、それも最近では微妙・・・💦
これ以上衰えてなるものか!と必死でしたが
面白いですよね、人間の思考って。

シェイクスピアを思い出そうとしているときに
多分ですけど外人で有名な名前っていう大前提があるんですよね。
例えば、ニーチェやゲーテ、ルソーなどが浮かんでくるのはわかるんですよ。
でもなぜかモーツァルトやルーベンス、レンブラントとか
音楽家や画家が浮かんできちゃうのは何故でしょう?
このアーティストが言った言葉なんてひとつも知らないんですが(;・∀・)
まああ、スッキリしたので良し!です笑

さて、このお二人と今日は白崎と沖の浮島根。
白崎も少しずつ透明度が上がってきていて、少しぼんやりだなって言えるぐらいになってきたのが嬉しいとこ。
のんびりと潜ってきたのですが、それよりも今日はやはり
沖の浮島根です!

もう群れが凄いんですよね!
マクロ見る暇がないです💦

30匹ほどのカンパチはひたすら根頭からイサキにちょっかい出しては大群のイサキを根回りに追い込んでくれるので
何にもしなくてもイサキに巻かれます(;゚Д゚)
正直、これだけでもお腹いっぱいになれるんですが、
キンギョハナダイもマツバスズメダイもコガネスズメダイもシラコダイもたっくさん。
ハマフエフキにアオブダイ、イスズミ、マダイなどちょいと大き目の魚も見れるし、根頭は相変わらずのヘラヤガラフィーバー。

ローソク岩にはヒゲダイペア。
最後もずっとカンパチに遊んでもらってきました。
お二人とも群れまくりの浮島根に大満足の様子でした!

ありがとうございます。
また明日もよろしくお願いします。


8月7日 黒潮とともに100本!!

ファイル 2212-1.jpgファイル 2212-2.jpgファイル 2212-3.jpgファイル 2212-4.jpgファイル 2212-5.jpg

ブルーウォーターダイブ

DIVE 1 石廊崎沖 南西20マイル

DIVE 2 石廊崎沖 南西25マイル


何度となく出港していても、やはりこの日の朝のワクワク感は
変わらない。

初めてブルーウォーターダイビングに行ったのは
まだこの奥深いスポーツであるダイビングのダの字も理解していない頃。

ブルーウォーターダイビングの意味も全く解らずに
ショップさんのツアーに同行させてもらい、1本目はひたすら絡まったロープを自分でほどいていた!笑
全然記憶に残っていない。
2本目は反省を生かし、ロープをうまく使いこなした。
そこで見た黒潮の青さに言葉を失ったのはハッキリ覚えている。

月日は流れ、気づけばインストラクターとして
引率する立場である。

それでも変わらないのは年に1度か2度のこのツアーに行けることが
素晴らしいことで貴重なことという事実。

何度もあらためて海の美しさに触れられることに感謝したい。

はい!けんろーです!
本年2回目のブルーウォーターツアーに行ってきました!

前回と違い、予報では風向き、天候ともに良い予報で
出港はほぼ間違いなくできる状況で割と安心していた今回。

その通りに朝の田子の港は穏やかそのもので
少し曇り空が気になる程度で、みな安堵の表情。
ほぼ定刻で出港することができ、一路目指すは南。

潮位置はおそらく前回とほぼ変わらないとの見解で
とにかく南を目指して行きます。
すると曇はどんどん大きくなり、何度も予報と雨雲レーダーを確認してみる。
雨雲見るたびに大きくなる・・・
ええええ!聞いてないよ!笑
それに伴い風の強さも予報よりも増してくる・・・

前回とは全く逆のパターン。
これも自然だと理解はしているものの、不安が募る。

案の定、駿河湾を出る頃には波が立ち始め
次第に大きさを増す。
潮色もそこそこの色ではあるが、前回の潮があることは
ほぼ確定しているので頑張ってみる。
なかなか抜けない潮にやきもきし、迫り来る雨雲に怯えつつ
まだまだ南へ向かう。
すると水温は変わらないものの、一気に青みを増した潮に入る。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
やっぱコレだよね~!
この潮ですよ(*'ω'*)
前回もかなり良い潮だったが今回はさらに浮遊物が無かったので
よりキレイでした。

海面温度は28.2℃
暖かな黒潮に包まれながら思い思いに浮遊感を楽しむ至福の時間を楽しみました。

2本目
一気に南下しても波が高くなるリスクがあるので少しずつ南に寄せながら様子を見る。
皆さんの帰りの時間のことも考えるとやはりこの辺りでもう1本となりました。
1本目よりは少し白さがありましたが、それでもしっかりと黒潮を感じられるブルーウォーター。

そしてこの2本目、常連のMさんが見事100本の記念ダイブを迎えられました\(^o^)/
3年前に始めたダイビング。
そこから積み重ねること100本。
全てシーランドでのダイビング。
ほぼ毎月欠かさず潜り続け、念願のリゾートツアーにも参加頂き
そして今日。
オープンウォーターを認定したみよこから記念フラッグを
贈呈されたMさん!!
本当におめでとうございます!!
みんなに祝福してもらい素晴らしい記念ダイブになりましたね!
これからも海を目いっぱい楽しんでいきましょう(*'▽')

今回は生物には恵まれず、少し寂しい部分もありましたが
良い潮に当てることができました。

ご参加の皆様も本当にありがとうございました!
また田子でのファンダイブでもお会いしましょうね♪


ページ移動